緊急避妊法

緊急避妊法とは、妊娠を望まない女性が避妊をせずに性交をした場合や、避妊に失敗したと思われる(コンドームの破損、OCの飲み忘れなど)場合に、性交後に妊娠を防ぐ方法です。 避妊に失敗してすでに妊娠が成立している場合には、妊娠状態を終了させることはできません。 緊急避妊法はあくまで望まない妊娠を防ぐための緊急手段です。

緊急避妊法の種類

緊急避妊法には緊急避妊薬(緊急避妊用のホルモン製剤)を用いる方法のほか、 子宮内に銅付加IUDを挿入する方法がおこなわれる場合などがあります。

緊急避妊薬を用いる方法

緊急避妊薬は、婦人科医を受診し、医師の指導のもとで服用します。 避妊がなされなかった性交後72時間以内に、なるべく早く緊急避妊薬(緊急避妊用のホルモン製剤)を服用します。緊急避妊薬を服用することにより、排卵を抑制し、妊娠が成立する可能性を減少させます。 ただし、薬の服用によって、妊娠を完全に回避できるわけではない点に注意が必要です。 また。服用後も妊娠する可能性がありますので、性交の可能性がある場合は他の適切な 避妊法を用いる必要があります。

いかがいたしましょう~?




  • 緊急避妊薬の服用後にみられる症状  月経のような出血、不正性器出血、吐き気  などの症状があらわれることがあります。  また、一時的に月経周期や出血の状況に  変化がみられることがあります。

緊急避妊法のメリット


  • 避妊しなかった場合、避妊に失敗した場合に、性交後に実施できる

緊急避妊法のデメリット


  • 妊娠を確実に回避するものではない
  • 計画的に避妊することはできない

緊急避妊ピルを服用してはいけない人

妊娠経験がある女性については、希望により、性交後120時間以内に銅付加IUDを挿入する方法もあります。医師と相談のうえ、適切な方法を選択しましょう。

ページトップへ戻る